続きを読む→
←コラムトップへ
その日はいつになくキャンプ場に着くのが遅くなってしまった。

北海道ではキャンプ場や安宿などのツーリスト向けの設備が充実しており、その日の寝床を捜す労力が他の土地に比べて圧倒的に軽減されるので、ついついギリギリまで走ってしまうことがままある。

この日特に遅くなってしまったのは、その湖畔のキャンプ場が以前にも利用したことのある場所だ・・という気安さからだろうか。

サイトにバイクを乗り入れて、荷物を解く頃にはすっかり日も暮れかけていた。

僕はヘッドランプの灯りを頼りに早速テントの設営を始める。
あらかた設営が終わる頃に、突然声をかけられた。

「あのー・・もしよかったら一緒に食事しませんか?」

若い女性の声だ。

見ると20代後半くらいのスリムな女性ライダーがこちらに笑いかけている。

突然のことにちょっと驚きつつ「え?あぁ・・・いいですよ。もうちょっとで設営終わるので待っていてください」と僕。

北海道のキャンプ場では、初対面のライダー同士が一緒に飲んだり食事をしたりすることは珍しいことではないのだけれどさすがに若い女性から声をかけられることは稀だ。
僕は平静を装いながらも、内心は結構ドキドキしていた。「一緒にって・・・二人で??」

彼女は「じゃあ準備が終わったらあそこに来てくださいね」と、ちょっと離れたところで車座になっているライダーの輪を指差した。

まぁ当然と言えば当然だけど、彼女は一人ではなく4人のグループで食事の準備中だったのだ。

僕はテントの設営を終わると、彼らの輪に加わった。

最初に声をかけてくれた女の子(Mちゃんとしておきましょう)、が他のメンバーを紹介してくれた。
よくよく聞いてみると、彼らは元々のグループではなく、それぞれがソロや二人組みでこのキャンプ場で知り合った仲だという。
既に出来上がっているグループに参加することが極端に苦手な僕はそれを聞いてホッと胸を撫で下ろした。

Mちゃんが最初に紹介してくれたのは、Sさんという40過ぎくらいのちょっとワイルド系のライダーで、ソロで日本一周中だとのこと。
Mちゃんも同じくソロで日本一周中であり、Sさんとここで出会い意気投合したという。

Sさんは長髪を掻き揚げながら「ヨロシク」と声をかけてくれた。

あとの二人は大学生二人組みで、彼らは大学の友達同士二人で北海道をツーリングしているとのこと。
やはりここのキャンプ場に着いたところ、Mちゃんに声をかけられたらしい。
彼らはまぁA君とB君にしておこう。(若干適当感は否めないが(笑))

早速即席の5人組で酒宴が始まった。

まずはお約束の、お互いの旅の軌跡の披露から話は弾んでいく。
何しろソロで日本一周しているライダーが二人もいるのだ。
話のネタは尽きなかった。
特にSさんは、それなりに年齢を重ねているだけあって、話の重みが違っていた。

不動産関係で全国的でもトップレベルの営業マンだった彼は、40を境に仕事をリタイヤして、現在九州にライダーハウスを営業するための準備をしているという。
元々ロングツーリングは大好きだったけど、今回の旅は「ライダーハウスの宣伝のためなんだよね。北海道には旅好きのライダーが集まるからさ」と僕にも近日オープン予定のライダーハウスのチラシをくれた。

逆にA君とB君は、ロングツーリングは初めてらしく、若いライダーにありがちな失敗談を披露する。
Mちゃんは関西人なので、人の話への盛り上げ方がうまく、場はまるで旧知の知り合いの宴会のように賑やかになった。

僕はすっかりくつろいで、皆の話に腹を抱えて笑い転げた。

旅先でこんな気分になるのは何年振りだろうか?
僕はその時期、旅先では意識的にライダーとの接触を避けているようなところがあった。
キャンプ場でのライダー同士の会話というものが、ともすれば予定調和的な退屈なものに思えていた時期だったということもあるし、単純に仕事柄旅先では一人になることを望んでいたのかもしれない。

話が一通り盛り上がったところで、何となくそのグループではリーダー格になっていたSさんがこう言った。

「よし!これから風呂行くぞ!」

そのキャンプ場は24時間いつでも無料で入れる露天風呂が有名なのだが、Sさんは「そこじゃないんだよナ」とニヤリとした。

「まぁ付いておいでよ」と言うSさんの後に、皆がそれぞれのヘッドランプを頭につけて後に続いた。
露天風呂を横目に、湖畔の山道をSさんの先導に続き歩く。
道は真っ暗で、とてもこの先に風呂があるように思えなかった。
しかし5分も歩くと、突然目の前に木造の結構立派な建物が現れたのだ。
「ここは地元の人間しか知らないんだよね」とSさんはまたニヤリとすると先に建物の中に入っていった。

そこは大きな脱衣所もちゃんと備えられた内湯で、地元の人間だけがひっそりと使うだけではもったいないくらいの立派なものだった。
もちろんそんな夜中に地元の人がいるわけもなく、その内湯は僕らだけの貸切となった。

浴室には先にMちゃんに入ってもらい、男連中はMちゃんの合図があるまでは外で待っていた。

「えぇで〜入っといで〜や〜」とMちゃんの声。

脱衣所にも浴室にも灯りというものは一切無く、僕達がめいめいに持っていたヘッドランプだけが頼りだ。

そんな薄暗い中に先に入っていたMちゃんが叫び声が響く。

「何やこれ??ムッチャ熱いで!!」

僕も恐る恐る足を浴槽に漬けてみる。
「アッチイッ!!」
半端じゃない熱さだ。足を10秒も漬けていると火傷しそうだ。

しかしSさんだけは涼しい顔で、肩まで浸かっている。
「Sさんホントは熱いんちゃうの?やせ我慢しとるやろぉ?」とMちゃんが言うと、Sさんは「そんなことないよ」と即座に否定。

僕等も「絶対ウソだって!熱いに決まってるじゃん!!」とやいのやいのからかうと、Sさんは突然僕等に向かって風呂のお湯をかけ始めた。

「熱っつい!熱いってSさん!!」と僕等は逃げ回る。
Sさんはそれを見てまた笑いながらお湯を盛大に撒き散らし始めた。
40過ぎてんのに何という大人げの無さだ(笑)。

しかしそんな子供じみたことが、僕にはむしょうに楽しかったのだ。僕だって30は大きく過ぎていた頃だというのに。

そのうち慣れてきたのか僕達も短時間なら肩まで浸かれるようになってきた。
お湯の熱さに慣れてくる頃には目も暗闇に慣れてくる。

そこで気がついたのだが、Mちゃんは流石ロングツアラーらしく全く物怖じせず、身体にはタオルも何も巻いていなかった。

僕はその時、自分のヘッドランプがホームセンターで買った安物であることを心の底から後悔した(笑)。

風呂の中でもバカ話の続きに興じる。

風呂から上がると、皆に「おやすみなさい」と挨拶して自分のテントへと引き上げた。
聞くと4人は共同で一棟のバンガローを借りているらしく、そこで一緒に寝ることを誘われたけれど、僕はテントで一人で過ごす時間も好きなので御礼を言って断った。

テントに帰ると、あらためて焼酎のお湯割りを飲みながら文庫本に目を落とした。
思わぬ楽しい夜になったことへの充足感からか、心地のいい眠気はすぐにやってきた。

「お帰りなさい」と彼女は言った その1