その4へ→
そこでちょっとした裏技(というほどたいしたもんじゃありませんが・・・)を伝授いたしましょう!
まずは青森から津軽半島へと向かいまして、蟹田という小さな街から下北半島の脇野沢へと渡るフェリーに乗ります。

青森から蟹田までは約30q、一時間もあれば着いてしまいます。

頑張って朝早く出て7:50蟹田発のフェリーに乗れば、脇野沢に着くのは8:50です。 
そこから尻屋埼→恐山→大間崎→仏が浦を経由してまた脇野沢まで戻ってくると約240q。
で、また脇野沢からフェリーで蟹田に戻り青森まで帰ってくると、距離にして300qそこそこと、上のルートに比べると100q以上も距離は縮められます。

ただし・・・脇野沢から蟹田へ向かうフェリーの最終便は夏場の繁忙期でも17:00(それ以外のほとんどの時期は15:30)ですから結構スケジュールとしてはタイトです。

そんなわけで、上記の観光ポイント全てに固執しなければ・・という条件なら充分一つの選択肢になると思いますので、頭の片隅にでも入れておいてください。
←その2へ
青森を起点に、オーソドックスに反時計回りで観光ポイントを周った場合、
その距離はおよそ430〜440qと、かなり長大なものになります。
さて、最初にも書きましたように、下北半島一周は相当長大なルートになります。
青森を起点に、まずは尻屋崎を目標に北上し、そこから恐山を経由してから最北端をめざし、大間からは反時計周りで半島をグルっと周って青森まで帰ってくると距離にして430〜440qあります。
それぞれの観光ポイントでじっくり時間を割こうと思うと、かなり朝早めに出ても、青森に帰ってきた時にはかなり夜も遅くなっていると思います。

ちょっと無理があるかな?という場合はむつ市に泊まられることをお勧めします。
むつ市は割と大きい街ですので、ビジネスホテルなど宿泊場所を探すことにそれほど苦労はしないと思います。
津軽半島の蟹田から脇野沢までフェリーを使うと、距離は上のルートよりも100q以上短縮できます。
ただしフェリーの時刻の制約が出ますので、慌ただしさではこちらの方が上回ってしまうかもしれません。

ルートの取り方によっては有効に利用出来ると思いますので参考にしてください。
下北と言えばやはり外せないのが本州最北端の大間崎!
宗谷岬の観光地としての華やかさに比べるとやっぱりそこは東北・・・どうしてもうら寂しい雰囲気が拭いきれません。
(そこが東北・・・特に下北の魅力なんですけどね)
対岸に薄っすら見えるのは北海道です!
下北半島の観光ポイントは大まかに上記の四か所かと思われます。

ただし、下北半島はこの4点を繋ぐ道がどこも静かで、景色も風光明媚ですので観光ポイント以外も全く退屈することはありませんよ!
下北半島は見どころはたくさんありますが、外せないポイントとしましては日本固有種の馬、寒立馬が草を食む「尻屋埼」、本州最北端の「大間崎」日本最大の霊山である「恐山」、奇石・奇岩が立ち並ぶ「仏ヶ浦」の四か所になりますでしょうか?
(何か「ここは外しちゃダメでしょ?」ってとこあったら教えてください)

以下各々の見どころをご紹介いたします。
HOME
仏が浦です。
スイマセン・・・ここは時間切れで行けてませんのでネットから画像拾ってきました・・・
時間があればぜひ・・・
尻屋埼には寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる、日本の固有種である馬が放牧されています。
結構人間には慣れてます。
北海道を彷彿とさせる原野を貫く直線路・・・ 陸奥湾の凪いだ海・・・ 時折現れる静かな集落・・・
下北は走っていて魅力いっぱいのエリアです!
さて、本日の予定は東北によく行かれるライダーでもついつい後回しにしてしまいがちな下北半島です。

下北半島がついつい後回しになる理由・・・それはこの半島の予想以上のルートの長大さに起因しています。

今回のように全体のルート取りとして日本海側から時計回りに回りますと、まずは下北半島の前に津軽半島を先に回ることになりますが、そのイメージで下北半島に行きますと、その距離の長さと「予定通りにコトが運ばない」ことにちょっと唖然とすることになります。

青森を起点に下北半島の観光ポイントを抑えつつ一周して青森に戻ってくると、距離にして約400〜450q。
順調にいっても、朝に青森を出てまた青森に帰ってくるのは完全な夜・・・くらいのつもりで計画を立てましょう。

ちなみに僕は最初に行った時は、酸ケ湯温泉を朝9時くらいに出発し、尻屋埼や恐山でそれなりにじっくり観光して、大間崎を経由して反時計回りで周った結果、むつ市でタイムアウトとなっててしまいました(それも仏ヶ浦は時間の関係で観光をパスしたにも関わらず・・です)。

とにかく「下北半島はやたらと時間がかかる」と肝に銘じて臨みましょう!

今回は趣向をちょっと変えまして、まずは下北半島の主な観光ポイントを先にご紹介いたします。
3日目 (水曜日) 青森〜下北半島一周〜青森
日本最大の霊山である恐山。
とにかくこの独特の世界観には圧倒されます。ぜひ時間をかけて散策してください。
ちなみに境内には温泉があり、参拝料を払っていれば無料で入れます。
一週間で行く北東北 その3